医療問題の後継者不足を譲渡で解決する薬局M&Aのメリットとデメリット

調剤薬局を取り巻く現在の状況とは

M&Aというのは、直訳を行うと企業の合併そして、買収に相当します。1つの会社組織を全部買収することであるとか、ふたつの会社組織が合併するのみならず、会社の部門のみを譲り渡すことなどもこれに含まれています。M&Aの現状についてですが、最近の調剤薬局に関しては売り手有利で、今から当分の間は続くと考えられますが、外部要件そのものが不利に働くことがあります。一例として、少子化が進行することで医療費カットが求められ、次の調剤報酬改定時に、薬歴管理料の見直しや調剤報酬の一本化などにより報酬のカットが考えられます。ほかにも薬価引き下げや異業種の参入が原因の競合店の出店により一段と薬剤師確保が難しいものになり、あわせて近辺のクリニックの医師の後継者問題などがあります。オーナーの適正な判断が必要とされています。

M&Aを実行する事に因るメリット

一般的に考えて、M&Aは、株式譲渡それから、事業譲渡や会社分割さらに合併などがあります。しかしながら、薬局M&Aに関しては株式や事業譲渡が主だった手法になります。メリットとして得意先の医療機関に対しての関係悪化により閉店リスクからの脱却があります。関係悪化によりまして事業継続困難になったとしても、経営を続行することができます。また、実益は未来においても期待出来るが、後継者がいないためリタイアが困難であるといったケースでも、事業譲渡が可能です。さらに売却することを通じて閉局しない状態でマネージメントを継続し、病を患っている方、医療施設に迷惑をかけることを避けることが出来ます。

M&Aを実践することによるデメリット

M&Aのデメリットとしまして、買収合併の交渉そのものが不調に終わったケースでのリスクがあります。売買した後の新しい経営者が変わらない考えで管理運営をするとは限りませんし、評価が落ちてしまう危険性があります。このような事にならないため買方を入念に選んで、譲り渡して良かったと考えられるようにすることが重要になります。やはりM&Aを実施するためのファーストステップは、希望に沿った譲受企業探しといえます。M&Aのメリットはたくさんありますが、そうかと言って取引先の企業探しで手を抜いてしまうと、交渉中、あるいは交渉した後にさまざまなトラブルが生じます。M&Aの成約後に、買方によって社員の雇用や勤務条件が変えられることが生じる可能性があります。

記事を共有する