後継者不足等の医療法人を譲渡する病院M&Aのメリット

病院M&Aに関する基礎知識について

病院M&Aと言いますのは、医療法人を譲渡することを意味します。後継者が不足している状況や診療報酬のマイナス改定の影響によって、医療機関の運営を続けることができない法人が増えており、病院を譲渡しようとする方が多くなっています。それに対し、新たに病院を創立するよりも費用がかからないことから、譲渡の買い方も拡大をみせているのです。病院のケースでは、病床がエリアごとに確定しているので、すでにある病床を買い取ることを通して円滑にスケールを拡大することも可能です。それに加えて、開業に取り組むために病院M&Aを有効に活用するケースも拡大をみせているのです。病院のM&Aの予算については、エリアやスケールによって違います。赤字が多い病院でしたら1000万円程度で手にすることも出来ますし、総合病院ならば数億円になります。

社員や設備さらに患者を継ぐことが出来ます

後継者がいない病院のM&Aにおいては、社員や医療のための設備、病を患っている方そのものを継ぐことが可能です。ほとんどのケースで、病院経営者が異なっても病を患っている方に、後継者に関しての広報が実行されることはありません。大病院でしたら、社員にも知らされないことだってあるくらいです。その結果、社員の採用、あるいは医療設備の選別に手数を掛ける必要がありません。それに加えて、もうすでに通っている病を患っている方もいるので、新たな形で患者を確保する必要もありません。

手間なく開業ができ病床を入手できます

病院M&Aに関しては病院新設と照らし合わせると、非常に多くの労力をカットすることが可能です。病院を新たな形で設立するために、たくさんの手順を踏む必要があります。場所の申請や資金調達さらに、設計並びにインテリア装飾の決定、機器選定や行政に対しての届け出など、実行しなければならないことが山のようにあります。病院M&Aであれば、原則的には必要なことは買収に関する資金の調達及び行政に対しての届け出のみの単純なものです。ほかの手続きなどは、不要です。その結果、新設するのに比べてM&Aを用いたほうが時間的にもコストの面でもお金をかけなくて済むことになります。そして、着実にベッド数を確保出来ます。新たな形で病床を増加させるには、知事に対する申請を欠かすことが出来ません。しかしながら、大きく病床を増加させる場合、そう簡単には許可が下りません。M&Aでは、もうすでに病床が獲得されているため、着実に病床確保が出来ます。

記事を共有する