目尻切開と目頭切開はどのように行うか

目が小さくて顔の印象が薄い人や細くて小さな目がきつくて暗い印象を与えてしまう人、目の大きさを大きく華やかな印象にしたい人など、目の悩みがある人は多く、目尻切開や目頭切開を受ける人が増えてきています。目尻や目頭の切開をすることで、目の印象を変えることができ、目が大きくなって、肌の面積が少なくなるので、顔が小さく見える効果も期待できるため、顔全体のバランスが整い、美しい印象になることがメリットです。目の形や白目の大きさなどによって、向いている方法が異なることがあったり、向いていない場合があったりするので、初めにドクターのカウンセリングを受けて、実際に自分の目を見てもらって、アドバイスを受けてから施術をするかどうかを決めるとよいでしょう。

目尻切開の方法とメリット、注意点

目尻の部分をほんの数ミリ切開することによって、目の幅を横に広げ、切れ長で美しい眼もとに整えることができるのが、目尻切開です。細くて小さな目できつい印象になってしまっている人は、目尻の上下両方のラインが緩やかになるため、優しい印象になることがメリットです。また、目尻からこめかみまでの幅が、目の幅が広がることによって狭くなるので、こめかみ部分の肌の部分の面積が小さくなり、顔が小さく見える小顔効果を期待することができるというメリットもあります。目じりに隠れている白目の大きさによっては、効果が実感できない場合があったり、見えないはずの粘膜が見えてしまったりと、効果には個人差があるので、自分の目をドクターに見てもらって、向いているかどうかを確かめることが必要です。また、切開して広がった部分にはまつげが生えないことを知っておくことも注意点です。

目頭切開の方法とメリット、注意点

ぱっちりとした大きくて、華やかな印象の目になりたいという人に人気があるのが目頭切開です。日本人の目には、東洋人特有の蒙古ひだという白目を隠してしまう粘膜があります。目頭切開では、蒙古ひだを取り除くことで、白目や粘膜を露出させることができるので、目を横に大きく、ぱっちりとした印象にすることが期待できます。特に、目と目の間が離れている人は、目と目の間の幅が狭くなるので、バランスが整うことがメリットです。また、末広型の二重を平行型の二重にしたい人や華やかな印象のぱっちりとした目になりたいという人にも向いており、鼻が高く見えるというメリットもあるので、顔立ちがはっきりとして美人度がアップすることでも人気があります。目頭部分の切開は、繊細で、美しい仕上がりのためには、高い技術が必要な施術なので、実績があるクリニックを選ぶことが注意点です。