目尻切開と目頭切開のメリットとは

目尻切開や目頭切開のメリットはもちろん目が大きくなるということです。目頭切開でも目尻切開でもどちらも目が大きくなりますが、目の形が変わってきます。ただ日本人の多くは目頭切開の方が合っていると言えます。目が近く見えるようになるので、日本で一般的に良いとされている顔立ちに近づくでしょう。目が近くなれば鼻も高くなっているように見えるので、その点でもメリットがあります。目が近くて鼻の高い西洋風の顔が良いとされているので、そういう風にすると良いということです。日本人は鼻が低くて目が離れている場合が多いのですが、逆に目が近い人は目尻切開がおすすめされます。基本的にどっちにするかは自分で決めるのではなくて、医師との相談によって決めるのが良いでしょう。

医師との相談で決めるのが良いです

目頭か目尻かというのはその人の元の顔で切るべきポイントが変わってきますし、場合によっては両方から攻めた方が、バランスが良くなるでしょう。顔のコンプレックスが強い人は目を大きくするということや、鼻を高くするということにこだわりがちなのですが、実際はバランスが重要なので、特定のことにこだわり過ぎない方が良いでしょう。目が大きくてもバランスが悪いと逆効果ですし、鼻が高くてもバランスが悪いと逆効果になります。なので、どのようにすればバランスが取れるのかは医師との相談で、人によってその方法は変わります。ファッションや髪型もその人の顔や体型によって似合うものが変わってくるのですが、美容整形の場合は顔が土台なので、完全に顔に合わせて決めるとういう選択肢です。

目元の切開によってどのくらい見た目が変わるか

人間の外見に目が与える影響は非常に大きいです。鼻や輪郭ももちろん重要なのですが、目の重要性はそれ以上と言えます。他が普通でも目が良いと良いルックスということになるでしょうし、逆に目が良くないと他が整っていても残念な印象になります。なので、目を少し切開するだけでも大きく見た目の印象が変わるのです。数ミリ切るだけで劇的に良くなるケースも多々あります。そして、重要なことはバランスを整えてなるべく自然に見えるように切開するということになります。人間にとって目というのは非常に機能的にも重要な器官で、美容整形というのは目に対して大きなリスクがあります。失敗すれば失明する場合もあります。なので、なるべく安全に手術を終えるためにはクリニック選びが重要になります。